【保存版】効果絶大!ポルチオ開発自己練習方法(ポルチオ編)

ポルチオ(ディルド・バイブ上向きで)

今までと同じように、ディルド・バイブをゆっくり入れて、奥の止まるところまで入れます。

この時に、ディルド・バイブの先端は、上側を向いていますが、図1のようにポルチオはその下にあります。

portio01 - 【保存版】効果絶大!ポルチオ開発自己練習方法(ポルチオ編)

ですから、ポルチオに刺激を加えるのは下方へ振動させます。

これは、ディルド・バイブの柄をテコの原理を使って、先端が下方へ押されるように振動を加えます。この場合は親指を使って、クイクイクイと下方へ振動を加えています。

ポルチオは一つのやり方は、ディルド・バイブを上向きに奥まで押し込んで、下方へ振動を加えます。

振動を加える角度はいろいろと試して下さい。ポルチオは、膣内へ付きだしている量や位置が興奮度で変化していきますので、何となく分からなくなったら、一旦Tスポットまでディルド・バイブを戻して、再度奥まで進めてやり直してみて下さい。

ポルチオ(ディルド・バイブ下向き)

最初は、さっきと同じように、ディルド・バイブを上向きにして、奥まで進めます。

そして、奥まで達したらゆっくりと180度回転させましょう。そして、図2のようにまた下方へ振動を加えます。

ただ、ポルチオの出ている量や位置によって、回転させたときに先端がポルチオ下方へずれてしまう場合もあります。もしも、難しかったら上向きのままで使った方が確実かもしれません。

portio03 - 【保存版】効果絶大!ポルチオ開発自己練習方法(ポルチオ編)

ポルチオのもう一つのやり方は、まずはディルド・バイブを上向きにして奥まで入れて、そのあとで反転させて下向きにして、下方へ振動を加えます

裏のスポット

お尻側も人によっては快感を感じ場合がありますから調べてみましょう。

この時は、図3のようにディルド・バイブを最初から下向きにして入れて、刺激をしていきます。刺激のしかたは、上向きの時と同様に、前後に出し入れしたり、振動を加えたりです。

裏スポット(お尻側)は、ディルド・バイブを最初からして向きにして、入れて刺激をします。
portio02 - 【保存版】効果絶大!ポルチオ開発自己練習方法(ポルチオ編)

読んで頂いた女性からカカオトークで感想を頂きました

『最初、仰向きの姿勢でお尻側(裏AとC)奥まで思い切って到達できなかった時、ふと横向き(くの字)になってみました。その姿勢だと挿入しやすくて、奥まで入れて刺激することができました。それに慣れてからは仰向きでも出来るようになりました。そしてある時アナル側にバイブ振動の刺激が届くことがあって、アナルにも快感が走ることを知りました。電器ビリビリみたいな・・』

この記事を参考に、自己練して頂いて、上手く行かなかったり、

もっとこうしたら気持ち良かった、など発見があったら是非教えて下さいね。

渋沢栄一
日本・実業家
「真の富とは道徳に基づくものでなければ決して永くは続かない」